トロッとした新食感の、ゆば屋の食べる豆乳。従来の豆乳の約2倍の栄養素。賞味期限は12日間。そのまま・醤油・塩・黒蜜などでお召し上がりいただけます。

ゆば乳は北海道富良野で育てた大豆『とよまさり』100%と、良質な水で有名な山口県岩国の水だけが原料です。とよまさり大豆は独特のコクと風味が強いのが特徴です。他の大豆に比べて約3倍の価格ですが、弊社は農家との契約栽培で一定量を確保しております。
ゆば乳はこのとよまさり大豆でしか作れません。

ゆば乳のヨーグルト状は、とよまさり大豆のタンパク質が引っ張り合う自らの力によって生まれます。この力を保つために、大豆の発芽力を失わないように徹底した温度管理をしています。通常の豆乳との違いは、特殊な機械によって絞りますので、固形量が約2倍の【16~17%】もあることです。絞り出されたゆば乳はタンパク質同士を結着させる大変特殊な機械にかけて作ります。

通常の豆乳の約2倍の濃い豆乳がゆば乳です。

  • 1.タンパク質が濃い...通常豆乳のタンパク質量(日本食品成分表)が【3.6g/100g当】に対して、ゆば乳は(埼玉県食品衛生協会検査センター調査)【6.5g/100g当】含んでいます。
  • 2.イソフラボン...大豆の栄養価の代表的成分であるイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似た成分です。骨粗しょう症の予防や更年期の不調を改善
  • 3.大豆レシチン...総コレステロールの低下、中性脂肪を体外に排泄する働きを持ち心臓病のリスクを防ぐ。
  • 4.大豆サポニン...コレステロールや血中脂質の低下、抗酸化作用で老化防止にも有効。

イソフラボンの1日の摂取目安は約50㎎です。大豆タンパク質の摂取目安は1日6g以上。
豆乳は200ccで摂取できますが、ゆば乳なら半分の100gで摂取できます。
ゆば乳のカロリーは100g当たり74Kcal、1パック250gは185Kcalです。

今までの常識では「お豆腐は水から腐る」でした。豆腐の水溶性タンパク質が製造後すぐに水に溶けだし、水に存在する菌によってタンパク質が影響を受けて腐敗が始まります。水が濁ってくるのはこのためです。残念な事に、この水溶性タンパク質は豆腐の旨味でもありました。これまでの豆腐との大きな違いは、発芽する大豆パワーによりタンパク質が結着しますので水溶性タンパク質を水に逃がしません。むしろ、日増しにタンパク質の結着が進むことで菌が繁殖しにくくなり熟成して美味しさを増します。一般的な豆乳や豆腐と異なり日持ちが長いのはこの為です。

ゆば乳は何もつけずにそのままでも美味しく食べて頂けますが、色々なものをプラスしても美味しく召し上がれます。自然塩、抹茶塩、だし醤油、甘露醤油等をかける。黒蜜、蜂蜜、ジャムなど甘味を加えて混ぜるとスイーツとしても美味しく頂けます。カボチャとゆば乳のスープ、ゆば乳の簡単白和え、ゆば乳ととうふの鍋、ゆば乳ソースのスパゲティ等、和、洋、中華の御料理の素材としてもご活用頂けます。

製品一覧

  • ゆば乳
  • まろやかとうふ
  • おぼろとうふ
  • ざるとうふ
  • 木綿とうふ
  • 絹とうふ
  • 炒豆腐
  • 冷奴(夏期限定)
  • イソフラ生活
  • 黒みつゆば乳
  • ゆば乳プリン
Copyright(C) 2007 Yubanyu Honpo All right reserved.